プラントの施工管理の仕事に求められることは


様々な機械の設計や運用に関する専門知識が必要となる

工場内でプラントの施工管理を担当するためには、様々な機械の設計や運用に関する専門知識が要求され、一人前に業務をこなすために数年から十年程度の期間が必要となることもあります。特に、機械製品や化学製品などを専門に扱う工場の設計を行うには、理系の博士や修士の学位や、国内外のメーカーにおけるプラントエンジニアの経験が必須になることもあります。そのため、長くプラントの施工管理に携わりたい人は、メーカーの就職実績が良い大学や大学院を卒業したり、一つの工場内で将来に繋がるキャリアを積んだりすることが重要となります。また、卒業後すぐにプラント管理の仕事に就きたい人は、在職中から志望企業のインターンシップに参加をしたり、複数のメーカーの工場見学を希望したりするのも有効です。

現場の責任者として働くには幅広いスキルが不可欠

プラント施工管理の責任者として工場内で重要な仕事を担当したい場合には、単にプラントの構造について熟知しているだけでなく、部下の指導やマネジメント、メンタルケアといった幅広いスキルが不可欠です。世界中に多くの工場を運営しているメーカーの中には、中途採用試験を実施する際に、求職者に実務経験や保有資格など厳しい条件を提示しているところも少なくありません。そこで、プラント施工管理の責任者になりたい人は、早い時期から各社が期待している人材について調べたり、主に工場内で扱っている製品の種類を把握したりするのがおすすめです。その他、機会があれば実際に責任者として各地の工場内で長く勤めている人に職場探しのアドバイスをもらうのも良いでしょう。

プラントの施工管理は、一般建築やビルに比べると、使用される部品の種類も多く、より専門的な知識が求められます。

Related Posts

© 2022 Thinking About Changing Jobs - All Rights Reserved.